インフラ

AWSでVPCを作成する

実験用のVPCを作成してみよう!

AWSのマネジメントコンソールを使って「10.0.0.0/16」のCIDRブロックでVPC領域を構成します。これをやると、ルーターなどを用意し、物理的に環境をつくる必要がありません。

コバお兄さんおすすめのこちらの本を勉強しながらやりました。初心者にもとってもわかりやすくかかれているよ

①黄色のポインターのところの、VPCをクリックします。

②リージョンが東京になってるのを確認

実験用ですので、本の通り「アジアパシフィック(東京)」を選択しました。

リージョンを確認したら黄色いポインターが指してる「VPC」を押してね。

③VPCをつくる。AWS画面左上の青いボタン「VPCの作成」押す。

ウインドウが出てくるので、「VPC領域」と本の通り入れてみよう!

IPアドレスも入れたら右下の青い「はい、作成する」ボタン押す。

これで、「10.0.0.0/16」というCIDRブロックを持った「VPC領域」という名前をもつVPC領域(他のユーザーからは見れないプライベートなネットワーク空間)ができたよ。

サブネットに分割する

サブネットとは、上記で作った箱を複数に分割することです。ネットワークは、いくつもの小さなネットワークが連結され成り立っています。

サブネットとは、わかりやすくいうと、大きなネットワークを複数に分割して管理する際の単位みたいな感じ。

大企業ではをネットワークをいくつかの小さな単位に分割して管理するのが一般的です。そのほうが、いろいろと効率がいいんだって。会社などでは全体では一つなんだけど4階と5階で違うIPアドレスのものをつかったりしているよ。

サーバーを二つ作ってみよう!

今回はWEBサーバーだけ作ります。パブリックサブネットからつくるよ!

インターネットゲートウェイの作成

青いボタンを押す。名前は本の通りだと空らんのままでいいみたい。

VPC領域に結び付ける

チェックを入れて、削除の横の「VPCにアタッチ」を押すだけ。これで完了!

物理的なものだと、ゲートウェイというマシーンやハブ、サーバーを用意したりする必要があるけど、今回のように仮想的な環境だと、なので、ポチポチやるだけでできちゃうから、とっても楽だよね。

ルートテーブルの確認

サブネットを作成した直後にルートテーブルを確認します。



10.0.0.0/16がローカルにいくようになってまます。10.0.0.0/16みたいな会社内でしか使わないようなIPアドレスがやってきたら、ターゲットのところ(ここではローカルになっている)に投げてねという意味です。

ルーとテーブルの作成

全世界のやつが来たら、さっき作ったインターネットゲートウェイに投げてくださいという命令

 

サブネットの関連付け

まとめ

VPC領域ができました!(ここまでで箱ができたよ)

会社とかマンションとか、ネットワークの機械は昔は線で刺していた。一戸のさすばしょをつくったイメージ

NTTの回線とつなぐ機会につながってる。これがインターネットゲイトウェイ。

機械と線をつなぐところを作ったイメージだよ。

ABOUT ME
ちゅうたん
はじめまして、宇宙鼠のちゅうたんです。ゆうこりんしゃちょーのお手伝いをしてお小遣いもらってます( *´艸`)