サーバーサイド

サーバーサイドプログラミング講座 第二回 Node.js をインストールしてみよう!

Ubuntu に Node.js をインストールしていきます。

Node.js を使うときは、バージョン管理ツールをインストールするのが一般的だよ。

nvmやnodebrew という、 Node.js 専用のバージョン管理ツールがあるんだけど、今はnodebrewが主流だよ。

バージョン管理ツールを使う理由としては、まだまだ発展途中やから常に開発されていて、バージョンが突然変わって、突然つかえなくなることがあるからだよ。

STEP1からSTEP3までコピペしてやってみてちょんまげ

迷ったら動画みてちょ💕(*^。^*) チャンネル登録もたのむぜ! 😎

 STEP1 nodebrew をインストールしていくぜ!

下記のコマンドを実行します。

★サーバー上から取得したプログラムを、パイプを使って Perl というプログラミング言語で実行しています。(nodebrewはPerl使うってきまってるよ。これもコロコロかわるから、nodebrewの公式サイトみてね)

========================================
Export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

以上のように表示されれば成功です。

STEP2 パスを通す

以下のコマンドを実行します。

パスとは、Linuxを習い始めた方は、もうわかるよね?ディレクトリのことだよ。
んー。その説明は、ちょっとどころか、全然違うかな。。

上記の動画からわかるように、PATHを通しておくと、node.jsと打つと立ち上がるけど、PATHを通さないと、めんどうなことになりそうだね。

今回は、リダイレクトを使って .profile というファイルに書いて設定しました。.profile は、シェル起動時に自動的に実行されるファイルのことだよ。

 

最後にnodebrewと打ち込む

STEP3 Node.jsをインストール

nodebrewをインストールできたら、このnodebrewを使って、 Node.js をインストールできるんだよ!

バージョンは、 v8.11.2 をインストール

それでは、下記のコマンドを実行しよう!

これで完璧だぜ
ABOUT ME
ちゅうたん
はじめまして、宇宙鼠のちゅうたんです。ゆうこりんしゃちょーのお手伝いをしてお小遣いもらってます( *´艸`)