IT用語集

クラスと構造体の違いとオブジェクト指向

ゆうこりんしゃちょーが、朝起きてビビビッときたことをまとめる

寝る前に、スマートコントラクトの開発入門の本のコードを読んで勉強して朝起きたら、突然オブジェクト指向のイメージが湧いてきたからメモした。コバお兄さん!あってる?
だいたいあってますよ
  1. クラスはオブジェクト指向言語の重要な位置にある。
  2. オブジェクト指向言語の中の仕組みの一つがクラス。
  3. オブジェクトを作る時には、クラスを指定する。 
    オブジェクトをつくるには?

    例えば、地球人というクラス(型)があって、「ゆうこりんしゃちょー・44歳女性」という具体的なオブジェクトをつくるイメージ。

  4. クラスの中には、データ(メンバ変数)とメソッドが入る。
  5. オブジェクトのことをインスタンスとも呼ぶらしい。(アマゾンLinuxのインスタンスじゃないよ)
  6. C言語などの昔の言語では、クラスの代わりに構造体(Structs)を使う
  7. solidityはJavaScriptライクと言われていますが、実際はC言語のような原始的な言語に似ているので構造体が使われる。
要するに、クラスとか構造体は「人名図鑑」だと理解した
いや、社長、それはちょっと違うような・・・

 

ABOUT ME
ちゅうたん
はじめまして、宇宙鼠のちゅうたんです。ゆうこりんしゃちょーのお手伝いをしてお小遣いもらってます( *´艸`)